革専門の小売店で革を買ってデスクマットにした話

デスクマットを購入しようとした経緯

作業用のデスクを半年前に買い替えたところタイピング時にパームレストがぐらつくようになりました。

パームレストは木材を買ってヤスリがけした自作のものでゴム製の滑り止めをつけていたのですがあまり効果がなく、安定したタイピングに支障が出ていたので滑らないようにデスクマットをひくことにしました。

デスクマットに求める条件

探す方針を決めるためにデスクマットに求める条件を書き出してみました。

  • サイズは横100cm、縦35cm前後
    • マット部分と机部分の段差を気にしなくて済むように机と同じ横幅のもの
    • 机の天板を挟み込むモニターアームに干渉しないように奥行きは机よりやや短いもの
  • 滑り止めの効果がしっかりしている本革
  • メモを取るのに支障がない程度にざらつきが少ないもの
  • 机の上に飲み物を常備しているのでできれば水染みに強い素材
  • 色は黒か茶色

上の条件であれば耐水性のあるゴムや人工革(PUレザー)のほうが実用性は高いのですが、せっかくなら使っていて気分が上がり風合いの変化を楽しめる本革にすることにしました。また、レザーのデスクマットを購入した方のツイートを見てうらやましくなったというのもあります。

なぜ革専門の小売店に行こうと思ったのか

大手のECサイトやハンドクラフトの通販サイトで探したところ100cmのものが少なく、あったとしても縦幅が30cmしかなかったりと条件に合うものがなかなか見つかりませんでした。

そこで店で革を購入して自分で裁断する方針に切り替えました。

裁断することを考えると元の条件のサイズより大きな革でなければいけません。また、自分で革を選べるならいろいろ見比べたいので革の専門店が集まる浅草エリアで探すことにしました。

店探しはこちらのサイトが参考になりました。

kumosha.com

店内で購入するまでの流れ

店内にはところ狭しと革が並んでいます。お店の方に許可をいただき撮影した写真はこちらです。実際にはこの10倍くらいの広さがあります。

f:id:kuromt:20210104160024j:plain

店の方に探している革の条件を伝えて相談したところ100cmというのは成牛であってもなかなか取れないサイズなのでより大きいものから裁断して購入したほうがいいとアドバイスをもらい、このとき初めて気に入った革で指定したサイズで購入することができることを知りました。

他にも革についていろいろ教えていただきました。たとえば革は10cm x 10cmを1ds(デシ)とする規格が定められていて購入価格は革の面積とdsあたりの値段で決まる(1dsが100円だと30dsで3千円、60dsで6千円)ことであったり、革の染め方には顔料を使うものと染料を使うものがあり顔料で染めた革の方が水に強いなどです。

話を聞いてから店内を見てまわり他の革に比べて厚みがあり触っていて気持ちがよかった牛のヌバック(表革をヤスリ掛け加工して起毛させたもの)に決めました。もともと挙げていた水染みに強いという条件には合わないのですがぬれてオイルが抜けても革靴用オイルでメンテナンスすれば多少は長持ちするそうです。

下の写真は実際に裁断されている様子です。分厚い革がいい音を立てながらはさみで裁断されているのは見ていて面白かったです。

f:id:kuromt:20210104160015j:plain

帰宅後にも床に置いて写真を撮ってみました。

f:id:kuromt:20210104160013j:plain

使ってみて

実際に机に置いた様子がこちらです。

f:id:kuromt:20210104175930j:plainf:id:kuromt:20210104193147j:plain
左: before 右: after

f:id:kuromt:20210104184452j:plain

タイピングしてみるとパームレストのぐらつきがなくなり手首の位置が安定するようになりました。ヌバックは起毛しているためか摩擦が強く多少の力ではびくともしません。

値段は税込で5千円以下でした。既製品で本革の大型デスクマットを買った場合に比べればかなり安く済んだと思っています。

新しい分野の勉強ができたことを含め総じて良い買い物ができました。

革を買うときの注意点

ここまで良い点ばかりを挙げてきましたが買った革をデスクマットにすることはメリットだけではありません。とはいえデメリットというほどではないと感じたので注意すべき点として紹介します。

たわみがある

先ほどの写真でも目立ちましたが革の端になるほど強いたわみがありました。素人考えですが小さな革(15ds以下)ではたわみの印象はなかったので大きな革の特徴なのかもしれません。

とりあえずはヘッドホンスタンドで挟んだり重りを乗せて伸ばすことにしています*1。キーボードやパームレストを置く中心部分は平らなので実用上は困っていません。

f:id:kuromt:20210104175922j:plain

革には傷があるので購入前によく確認する

これは文字通りです。元々知識としてはあったのですが実際にたくさんの革を見ていると想像よりも目立つ傷が多く、手に取った革には傷があって当たり前と思うくらいでちょうどよいと思いました。

今回購入した革はヌバックで起毛しており多少の傷は手でこすれば目立たなくすることができます。

匂いをたしかめる

このご時世なので店内でもずっとマスクをつけていたのですが、革には匂いがつきものなので購入前に確認すべきだったと帰宅してから気づきました。幸い購入したものは匂いはほとんどありませんでしたが匂いが気になるほどだったら買い直しになっていたので反省しています。

*1:SRE本シリーズや詳解システムパフォーマンスを積み上げています